FC2ブログ

レイアウトを変更したよ

■こんにちわ。
今日は丸一日がっつり休んだtakuです。

朝はのんびりゲームセンターCXを見て、お部屋掃除をして、
一圓で肉味噌チャーハン食べて、ヴィレッジヴァンガードでお買い物して、
おうちに帰って寝っころがってマンガ読んで、いまブログを更新しています。
明日からまたお仕事。
がんばるぞ!
フレーヾ(゚▽゚ゞ)( シ゚▽゚)尸_フレー


■上にも書いたとおり、
とっても気分が良かったので年末に一切出来なかったお部屋の掃除をしてみました。
その勢いでGゲージのレイアウトも変更しましたよ!!

●旧レイアウト
20070119235441.jpg


続きを読む
00:31 | Gゲージ | comments (1) | trackbacks (0) | page top↑

どれを買おうかな (・x・ ).o0○

■こんばんわ。
2連休初日のtakuです。

ホントは免許の更新に行こうと思っていたのですが、
ぶっちぎりで寝こけていたので本日行けたのは美容室のみ。
しかも年末と言うことでめちゃめちゃ混んでおり、
いつもより2,3割りはぞんざいに扱われましたとさ。
===(´□`;)==⇒グサッ!


■Gゲージを始めるにあたりスターターセット2種、レール、ポイントと
短期間で色々買ってしまった為、現在車両の購入は控えています。
が!チェックは怠りませんよ!
カタログを見たり、webサイトを眺めたり。
どちらかというとヨーロッパのカラフルな車両が好きなのですが、
次に狙っているのはディーゼル機関車。

とりあえず3つに絞ってみました。


061228DL1.jpg
Bachmann GE 45 Ton Diesel Midwest Quarry
061228DL2.jpg
Bachmann GE 45 Ton Diesel Santa Fe
061228DL3.jpg
LGB Santa Fe Diesel Switcher Loco

シックなゼブラカラーがステキデス♪
(*´ェ`*)ポッ

で。
肝心なお値段は上2つが2万円、下が4万円(違うお店)。
サウンド無しなのでGゲージにしては安いのですが、takuには十分お高いです。

が!

海外のshopで購入すると上2つは9千円、下は1万9千円

半額です!!

これは個人輸入に踏み切るべきか?
輸入配送料も結構かかるけど、それなりの金額になると遥かに安い。
ま~、まずはカードを作らにゃならんけども…。
「(´へ`;ウーム



とか言ってたらこんなん見つけました。

061228ART-DL1.jpg
アリストクラフト LIL' CRITTER W/BOBBER CABOOSE SANTA FE

おお~!キュート!
なんてステキなデフォルメッ!!
かわいいカブース付きっ!!
しかもこのカブースはtakuがそのうち買おうと思っていた物とまったく同じ物。
これでお値段9千円。
マジでやるか個人輸入。
(゚ー゚)ニヤリ

悩んでいる間が一番楽しいのでもうしばらく悩みます♪
ヾ(*'-'*)マタネー♪


01:22 | Gゲージ | comments (4) | trackbacks (0) | page top↑

2006 LGBカタログ

■こんばんわ。
多忙な師走です。
昨日は休日出勤、他の日も残業しまくりです。
正直だるいし眠いですが、仕事自体は楽しいのでなんとかもってます。
フレーフレー俺! ゞ(´ω`ゞ))))...((((ツ´ω`)ツ フレーフレー俺!

takuの精神状態は部屋を見れば一目瞭然。
余裕が無くなれば無くなるほど部屋が荒れます。
今の荒廃度は40%。
マズいですね(笑)


■上にも書いたとおりあまり余裕がないのでGゲージを触れていません。
エンドレスをぐるぐる走らせているくらいでしょうか。
いや、そもそもお座敷鉄道状態なんでたいしたことは出来ないんですが。
いまは将来に向けてストラクチャを工作しようかなーとか思っています。


そんなこんなで、今はこれを眺めて気を紛らわせています。

2006 LGBカタログ
20061224010847.jpg

もう2007年になるというのに買ってしまいました。
「車両は我慢してるけどこれはOKかな?」と自分を騙して買いましたよ。
(゚ー゚)(。_。)ウンウン

うわさには聞いていましたが、重い…。
3キロくらいはあるんじゃなかろーか?
読んでいるだけなのに腕の痛いこと痛いこと。
ホント一苦労です。

肝心の中身はこんな感じ。
20061224010750.jpg

20061224012501.jpg

20061224012447.jpg

フルカラーで眺めているだけで楽しいです♪
英語もドイツ語もダメなので眺めるしか出来ないんですがね…。

一つ目の写真のStreetcar・路面電車が欲しいのです!!
真っ赤なボディもかわいいし、シックなグリーンもステキです♪
が!
日本で買うと8万円…。
とても手が出ません。
ヘ(T-T*ヘ)アハハハハ-

ちなみにグリーンのLGB製ニューオリンズ・路面電車は『欲望という名の電車』らしいです。
そーなるとやっぱりグリーンかなと。
いつか買うぜっ!!
ファイトーー!( ゚ロ゚)乂(゚ロ゚ )イッパーーツ!!


01:44 | Gゲージ | comments (5) | trackbacks (0) | page top↑

庭園鉄道とは?

■今月はもう11回も更新してるtakuです。
4月なんて2回しか更新してなかったのに。
俺えらい。
ダダダダダッ (-_-)┳*----------*)゚ロ゚) チョーシノリマシター!!


■でわでわ、気を取り直して前回の続きです。

前回の記事
http://asroma.blog22.fc2.com/blog-entry-176.html

『庭園鉄道とは?』からですね。

庭園鉄道とは『庭など屋外で楽しむ鉄道模型』のことです。
あ、いや、そのまんまなんですが…。

もう少し正確に書くと、庭園鉄道には大きく二つの種類があります。
一つはtakuが始めたGゲージのような、人が乗れないまでも
車両の大きさががテッシュ箱(ダサイ例え…)くらいのサイズの鉄道模型。
もう一つが人が乗れるくらい大きな鉄道模型です。
これは人が乗れちゃうくらいなので、
もう模型ではなく限りなく小さい本物の鉄道と言ってもいいかも。

どちらも全天候型でレールを屋外に設置して車両を走らせます。
もちろん屋外なので雨が降ったり草が生い茂ったりします。
さすがにレールを覆うものはどけないといけませんが、
多少の雨や泥なんてへっちゃらで走るのが庭園鉄道のおもしろいところです。

また屋外ならではのものが二つあります。
それは『ガーデニング』『ライブスチーム』

「なんで鉄道模型でガーデニング?」と思われるかもしれませんが、
これがとっても重要なんです。
サイズの小さい鉄道模型では草木などの風景はどうしても作り物になります(もちろん例外あり)。
が、庭園鉄道の場合、庭などの自然がそのまま『鉄道模型』の風景となります。
草木が伸び、花が咲き、葉が落ち、新しい芽が出る。
もちろん雨が降り、雪が降り、台風が来たってそれがそのままリアルな風景に。
土砂崩れで車両が走行不能になったりもしますが、
それまで楽しんでしまうのが『庭園鉄道』という趣味でしょう。

最後に『ライブスチーム』
一般的に鉄道模型の車両は線路から電気を給電して走ります。
対してライブスチームは電気ではなく、
実際に水と燃料(石炭、石油、アルコール等)を使って走ります。
簡単に言うと、実物をちっちゃくした『蒸気機関車』です。
これはGゲージ以上のサイズだけのものではないのですが、
燃料を焚く関係上危険なので屋外で走らせるものです。
みんながみんなではないですが、鉄道模型を趣味としている人にとっての憧れですね。
製作、管理する技術力と資金力。
この二つが高い壁となって立ちはだかります。
takuもいつかは石炭をくべて走らせてみたいものです。



■と、いうわけで。
2回にわけてまとめてみましたがいかがだったでしょうか?
できるだけ簡単にかつぬるーく説明したつもりなのですが。
「詳しく説明できないんだよね?」
「知的な文章が書けないんだよね?」
という突っ込みは拒否します(笑)
ニゲノハツゲンダメゼッタイミヽ(*゚ー゚)θキーック!☆);゚⊿゚)ノ

またまた文字ばっかなんで最後は写真でも貼って終わります。
でわでわ。






































もーおなかいっぱい
20061217030157.jpg



03:03 | Gゲージ | comments (3) | trackbacks (0) | page top↑

リンクでワショーイと鉄道模型とはなんぞや?

■前回の記事で
『八木軽便鉄道のどてかぼちゃ様よりコメントをいただいてしまいました!!』
と書きましたが、
この度
『どてかぼちゃ様のブログに
リンクを貼ってもらっちゃいました!!』
ワショーイ♪♪\(^ω^\)( /^ω^)/♪♪ワショーイ 


こちらはあくまで読者(っていうのかな?)だったので、
リンク貼ってもらえるとは思っても見ませんでした。
いや、マジで。

もちろん喜びいさんでこのブログのリンクに
どてかぼちゃ様のHPのリンクを貼らせていただきました。
このブログもとうとうここまで(ドコまで?)来たかって感じです♪
q(T▽Tq)(pT▽T)p



■で、よく考えたら「Gゲージ始めたよワショーイ」って言ってるだけで、
Gゲージが何なのか一切書いてなかったことに気づきました。
Σ(T▽T;) ぐわわぁぁ~ん!


と、いうことで。
『鉄道模型とはなんぞや?』というのを説明してみようかと。
ちょっぴり専門的になりますが、takuもたいして分かってないので大丈夫です!!
もちろんすべて見かじり、聞きかじりです!!

簡単に言うと『実物(もしくは架空)の車両を小さくした模型』なわけですが、
ひと口に鉄道模型と言っても指先でつまめる小さいものから人が乗れちゃうものまで大きさは色々。
その大きさも、かなり細かい規格が存在します。
『Nゲージ』とか『HOゲージ』というのがそれです。
いったい何が基準になっているのかというと、それは『レールの幅』です。
幅が広くなるほど車両も大きく、幅が狭くなるほど車両も小さくなります。
当たり前ですね。

もう少し突っ込んで説明すると、同じレール幅でも車両の大きさ(縮尺)が違ったりもします。
例えばレール幅も車両も1/4の縮尺のものがあったとします。
それとは別にレール幅が1/4、車両の大きさが1/2の大きさのものもあったりします。
「なんで同じ縮尺にしないの?」という疑問が湧いてきますが、
理由は『そーいうもの』だからです(笑)

いや、実物の鉄道にも同様のものがあって、
その理由は『線路施設の軽量化、路線コスト低廉化』らしいです。

こういった物を一般的に『ナローゲージ』と呼びます。
takuの始めた『Gゲージ』『ナローゲージ』の一種です。
ナローの場合レール幅に対し車両が大きくなるので、見た目がずんぐりむっくりになります。
リアル派な人はこれが許せないんだと思いますが、
taku的にはむしろとってもかわいくて大好きなのです。
『Gゲージ』を選んだ最大の理由がこれです。
また『Gゲージ』は人が乗れない鉄道模型では最大サイズ(たぶん)なので
そのずんぐりむっくりさが最大限に楽しめます(恍惚)

いったい何種類の規格があるのかというと、分かるだけでも約30種あります。
もう製造されなくなった規格もたくさんあるので、
メジャな物では約7,8種類といったところでしょうか。

上で書いた通りtakuが始めたのは『Gゲージ』で、
これは全天候型で屋外での走行も可能です。
これがいわゆる『庭園鉄道』といわれる鉄道趣味の一種です。

長くなったので、続きは次回。
あー文字ばっか ε('∞'*)フゥー
20061216035802.jpg

03:59 | Gゲージ | comments (4) | trackbacks (2) | page top↑