スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

Hana & Alice

■『花とアリス』  監督:岩井俊二  主演:鈴木杏 蒼井優

この作品をはじめて観たのは、もう2年半も前。
キットカットのおまけDVDでした。
『奇跡の人』の舞台のヘレン役を観てから、
なにげにファンだった鈴木杏が主演とゆーこともあり、
「300円でショートフィルムが観れる♪」って感じで買ったと思う。

コレがとってもよかった。
画面に紗がかかったような柔らかい画。
その画を包み込むような音楽。
たわいのない話なんだけど、世界観とゆーか空気観がすごいよかった。
そんなたわいない日常をずっと観続けたくなる作品だった。

その1年後。
ショートフィルムが、長編映画になった。
タイトルも同じ『花とアリス』
最初は「3つにわかれてたのをくっつけたのかな?」とか思った。
けど、違った。
基本的には同じような内容だし、使ってる映像もだいたい同じ。
けど、違った。
ショートフィルム版に無かった、
たった1つのシーン(設定)を入れただけで違う作品になってた。
正確に言うと、同じ作品だけど、違う質を持った作品になってた。
編集次第でこんなに変えられるものなんですね、映画って。

ショートフィルム版は、かわいくてふんわりしたポップな作品。
劇場版は、さらにいろんな”心”を深く感じることのできる作品。

どちらもそれぞれにおもしろい。
違う作品としてもおもしろいし、
頭の中でリンクさせながら観てもおもしろい。

よければレンタルでも観て欲しいな。
ショートフィルム版はたぶんレンタルないと思うけど。


■ちなみに。
花(鈴木杏)とアリス(蒼井優)の割合は、

ショートフィルム版  花 8:2 アリス
劇場版        花 4:6 アリス

だったりする。

蒼井優のことほとんど知らなかったんだけど、
なんかおもしろい芝居するね。うん。

あと脇役でいろんな人が出てくる。
でも全然邪魔になってなくて、
ちゃんとこの世界に生きてるのがとてもよい感じ。
個人的には木村多江がいいキャラだった。

こんど他の岩井作品も見てみようかな。
『リリイ・シュシュのすべて』とか気になるぞ。
スポンサーサイト
04:02 | つれづれ | comments (2) | trackbacks (0) | page top↑
ヘルニアショック! | top | ヤマザキナビスコカップ準決勝第2戦 浦和レッズVSジェフユナイテッド市原・千葉

コメント

# そういえば
その蒼井とやら。
実写版で「はぐちゃん」役やるらしいけど、どうなんだろうね?
私は全然知らん訳ですが…
by: あぶぶ | 2005/10/07 13:19 | URL [編集] | page top↑
# ほほう。
蒼井優がはぐやるんや!?
透明感が出れば意外といいかも。

はぐをやれる役者なんか全然浮かばんわ。
はたして森田さんのキャラは実写で表現できるのか!
せめて先生がかっこよいといいねv-218
by: taku | 2005/10/07 23:39 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://asroma.blog22.fc2.com/tb.php/21-eb3a2b50
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。