スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

CLグループリーグ第3戦 オリンピアコスvsASローマとクラシックコンサート③

■CLグループリーグ第3戦

オリンピアコス 0-1 ASローマ


昨日の深夜に試合があり、今日の夜放送でした。
開始時間直前にDVDレコが動き出す。
「?」
なんだろーと思ったら『Dr.コトー』の録画開始でした。
taku家では録画しつつ別の番組は見られません。
ずっと楽しみにしていたCLの試合ですが、この後何度も再放送があります。
が、コトーはコレっきり(いつか再放送はやるだろうが)。
泣く々々コトーを見ることに。
「後半はちゃんと見るぞ」
と思ったら、次は『アメトーーク』の録画開始。
「……………」
アメトーークを見ました。
そこそこおもしろかったです。

で、番組終了と共にスカパーチェック。
ハイライトだけ見られました。
後半の何分か。

相手PA付近でトッティがボールを奪う

相手DF、トッティが怖くて詰められない

すかさず右サイドに開いたロージへスルーパス。

DFにチェイスされるもグラウンダーのクロスを入れる。

ペッロッタ猛烈な勢いで突っ込んでゴル


ヤフー♪
結局これが決勝点になり勝利。
これで勝ち点6かな?
バレンシアは無傷で9点。
残り2チームはたしか1点ずつ。
確定ではないけど、かなり楽になった。
あと3試合。
1勝か2分けで確定。
できれば次のオリンピアコス戦で決めたいところ。
ホーム・オリンピコだし、やってもらおう。

この後は週に2試合ペースで試合。
くれぐれも怪我には気をつけましょう。




■初クラシックコンサートpart3
※過去記事→http://asroma.blog22.fc2.com/blog-entry-151.html
         http://asroma.blog22.fc2.com/blog-entry-152.html

この公演の主役、
指揮者ダン・エッティンガーとピアノ奏者マルク・アンドレ=アムランが入場。
13301b111.jpg

会場からの拍手を受ける中、ダンくんがアムラン、コンマスと握手。
そして指揮台へ。
その瞬間静まり返る会場。
と思いきや、一斉に始まる咳払い。
五月蝿い。
そりゃあ演奏が始まったら物音一つ立てちゃいけないんだろうけど、
指揮棒を構えてから咳しだすって…。


■気を取り直して。
1曲目は『ブラームス:ピアノ協奏曲第二番』
ブラームスの成熟期・全盛期の代表作で、
彼の作品中最も有名なもののひとつらしいです。
また桁外れに演奏が難しい曲(テクニック的に)で、
全てのピアニストが弾けるわけではないとか。

優しい雰囲気で始まったかと思いきや、
いきなり鍵盤を殴るようにピアノを弾きだします。
「うおっ」と、びっくり。
何もかもが初めてなので、何をどう聴いていいのかまったくわかりません。
集中して1音1音聞き取ろうか。
それとも演奏者の動きなんかも楽しもうか。
指揮者も指揮台の上で踊り狂ってておもしろい。
う~む。
頭がぐるぐるで、いまいち集中できません。
それでも聴き続け、音に、会場の空気に慣れていくにしたがって、
自然に曲が体の中に入ってきました。

「あ、楽しいかも」

曲を楽しみつつ、演奏者をぽけーっと観察する余裕が出てきました。
「ヴァイオリンって弾くだけじゃなくて、弦を叩いたりもするんだー」
「演奏しつつ楽譜めくって大変そうだなー」
「2人で1つの楽譜見てるけど、めくる人が下っ端かな?」
「てか楽譜見なくても演奏できるんじゃないの?」
「音と指揮が合ってない様な気がするけど気のせいかな」
等々。

ちょうどピアノの後方斜め45°の席(7列目)に座っていたので演奏がよく見えました。
本当に鍵盤の上を踊るように、跳ねるように弾いています。
ちょっと感動。
けども、どのあたりが超絶技巧なのかまったく分かりません。
そーそー、優しい響きの音は鍵盤を優しく弾くのですね。←当たり前
あんなに”そっと”弾いているのに、ものすごく奥行きのある音色です。
やっぱり芝居も音楽も余韻が大切だなーと。

コンサートに行ったのが3ヶ月も前なので、細かいところは忘れてしまいましたが、
第一、第二楽章は重厚感のあるやや暗い曲だったのが、
第三楽章で急に優しくて、でも切ない曲に変わったのが印象的でした。
ちょっと泣きそうになっちゃって。←大げさでなく
第三楽章が一番良かったなー。
ちなみに第四楽章は優しく優雅で、楽しげな曲でした。


4楽章まで全ての演奏が終わると拍手と共に「ブラボー」の声が。
ホントに「ブラボー」ってゆーんですね。
初クラシックだったので”ブラボー”に値するのかわかりませんが良かったです。

そして会場からアンコールの声が。
袖から戻ってきたアムランが席にすわりそっとつぶやきます。
「ドビュッシー」
ほんの数小節だけでしたがとっても綺麗な曲でした♪


続く。

思ったより長く引っ張ってます。
スポンサーサイト
03:24 | ASローマ | comments (4) | trackbacks (0) | page top↑
Jリーグ第28節 vs川崎フロンターレと初クラシックコンサート final | top | CLグループLCSKAモスクワvsアーセナルと初クラシックコンサート続き

コメント

# お久しぶりです!
クラシックとサッカーって組み合わせスゴイですね!?笑
今年のローマはスクデットも夢じゃない感じですね♪CLのグレーユニフォームけっこう好きです。
またサッカー小説書き始めたんでよろしくです!
by: KING MONKEY | 2006/10/20 21:57 | URL [編集] | page top↑
#
>>KING MONKEYさん
お久しぶりですー♪
グレーユニフォームってあちこちでダサイダサイ言われてますが、
takuも結構好きなんです。
汗かくとどんどん色が変わるのはいただけないですが…。
by: taku | 2006/10/21 00:58 | URL [編集] | page top↑
#
爆竹直撃は痛そうでしたね。
勝ち点は6で正解です。

サッカー情報は、スポーツニュースぐらいしか手に入りませんが。
by: 二等兵 | 2006/10/21 02:02 | URL [編集] | page top↑
#
ほほう。
トッティの爆竹シーンを見てるとは偉い偉い。
一昔前はサッカーニュースなんか見られんかったのに、
えー時代になったわ。
by: taku | 2006/10/23 01:01 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://asroma.blog22.fc2.com/tb.php/153-8522cabf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。