スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

プレミアアシップ第5週と小説の読み方

■イングランド・プレミアアシップ 第5週
アーセナル 3-0 シェフィールドU
得点者:ガラス、アンリ、オウンゴール


 仕事から帰ると、ちょうどアーセナルの試合が始まるところだった。CB以外はベストメンバー。ローテーションの為か、フレブファンペルシはベンチ。アデバイヨールはアンリとプレースタイルがかぶってしまい、彼の動くスペースを埋めてしまっていると思うのは僕だけか。

 相手のシェフィールドは12年振りにプレミアへ昇格したクラブ。正直この試合でもアーセナルの相手ではなかった。ゲーム序盤から圧倒的に攻めるアーセナル。試合を敵陣側1/3で展開し続ける。が、残念ながら前半では得点ならず。相変わらずのゴール欠乏症。ベルカンプがどれだけ効いていたのかと、今さら思い知らされる。

 後半開始20分過ぎ。今季移籍してきたガラスが先制ゴール。何故そこにいたのかは謎だが、素晴らしい。最初は誰だか分からなかった。アップになっても分からない。名前を呼ばれてようやくガラスと判明。それにしても赤いユニフォームが似合わない。春までの青いユニフォームが似合っていたからなあ。見慣れるまでの辛抱。
matchmenu.jpg

 先制ゴールを決めて勢いに乗るアーセナル。対して諦めムードのシェフィールド。これで負ける要素はゼロになった。今のアーセナルなら付け入る隙はいくらでもあるのだが。結局オウンゴールとアンリのダメ押しで3-0。完勝と言ってよいだろう。前半に選手の意思が、かみ合わなかったのが残念。

 ちなみにアンリのゴールを演出したのはエブエ。クロスの精度が恐ろしく低いことで有名なエブエである。実況の西岡さんも「こんな綺麗なクロスを上げられるんですね~」とコメント。おおいに笑わせていただきました。

 次の相手はチャールトンD・ベントハッセルバインクの2トップは侮れない。CBの穴を突かれなければいいのだが。僕はロシツキとフレブが見たいぞと、このブログを見ているかもしれないヴェンゲル監督に伝えて締めたいと思う。
wenger_0607middlesbrough.jpg




■しつこくて申し訳ない。
ISBN4840115192_1.jpg


 『MORI LOG ACADEMY 3』を読み終えたので、『MORI LOG ACADEMY 1』を読み始めた。その中からとても気になった部分をひとつ。


 数時間で一冊の小説を読み切ってしまう人たちの多くは頭の中で映像を展開していないのだろう。そういうテキスト読みが小説の読者には多い。映像読みの人は、すべてのシーンを展開するのに時間がかかることにくわえて、テキスト読み系の作者が書いた文章だと、ちっとも上手く映像展開できないことで疲れてしまうため、小説を読まなくなる傾向がある。(MRA 2005.10.10より抜粋)


 小説を読む際、映像を思い浮かべずテキストのみを追う、という読み方が存在するらしい。これは僕(一人称を私から僕に替えてみた)にとっては驚きだ。そんな読み方をして何が楽しいのか。話の流れだけが分かれば満足なのだろうか。映像を思い浮かべ、行間を読み、客観的に読み、キャラクタに感情移入し主観的に読む。これが僕の小説の読み方だ。マンガならコマとコマの間を読むし、映画なら場面転換の間に起こったことを想像する。また1つの場面を1枚の絵として見たり、カメラアングルなども気にしてみる。特別なことではなく、みんなが同じ様にしていると思っていた。

 僕は映画、小説、マンガ、芝居、色々なものを見てよく涙を流す。人によっては、そういうものでは決して泣かない人もいる。感受性の問題だと思うし、特に良い悪いではない。ただ前述した様な、自分の中でさまざまなものを展開せず、話を情報として追って(受け止めて)いるだけなのではないか。価値観は人それぞれなので強要するわけではないが、せっかくその作品に触れる機会を持ったのなら何でもいい、ほんの少しでもいいので自分の中で想像(創造)し、それに触れてみてはいかがだろうか。心がふるえる瞬間こそ、人が生きている証だと僕は思っている。
スポンサーサイト
02:30 | アーセナル | comments (0) | trackbacks (1) | page top↑
セリエA第4節vsパルマと題名のない音楽界 | top | セリエA第三節vsインテル と MORI LOG ACADEMY続き

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://asroma.blog22.fc2.com/tb.php/136-cf617f56
最近読んだ本にちょっと興味深いことが載ってましたよ。本の名前は[http://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=31681017 モリログ・アカデミィ1]。中身の紹介はまた読み終えてからにして、その中にこんな文章がありました。[http://asroma.blog22.fc2.com/ taku]も同じと
2006/09/29 (Fri) 08:58 | あぶぶろぐ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。