スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

セリエA第三節vsインテル と MORI LOG ACADEMY続き

■セリエA第三節 vsインテル

 今季のセリエAのスクデット獲得クラブはおそらくインテルかローマ。対抗にミランといったところか。そしてこの1戦。勝てば、ぐっとスクデットに近づくが、負ければ突き放される上、相手に”勢い”を与えてしまう。結果は0-1で負け。インテルのサッカーが、はっきりと上であった。フィーゴ、カンビアッソと、主力が抜けても個の打開力で相手を撃破するインテル。タッディを怪我で欠き、チームの核となるトッティのコンディションが思わしくないローマ。さらにはマンシーニが前半開始21分で負傷退場。この時点で敗北を宣言されたと言ってもよいだろう。
10932.jpg

 もともとローマはスピードとパスワークで戦うチーム。両翼が無くなったことでスピードが無くなり、またパスコースも限定された。トッティ、ピサーロのパスセンスが非凡なものといっても、相手がいなければそれを発揮しようもない。唯一の収穫はモンテッラの調子が予想より良かったことか。昨年の怪我により余りゲームに出ていない為、ゲーム感こそまだ戻っていないようだが、トラップ、パス、シュート。そのスピードと精度の高さからは、ゴールの匂いを感じさせる。ローマの選手達が中央に集まり過ぎた為、仕事をするスペースがなくなってしまったのが残念でならない。
10927.jpg

 一方インテルだが、なかなか良いサッカーをしている。一見『個の力に頼ったサッカー』に見える。が、そもそもインテルはワールドクラスの選手達が集まったチーム。その圧倒的な個の力をどれだけ発揮させることが出来るのかが、このチームのポイントだった。その点で言えば、時間はかかったがマンチーニ監督の手腕は評価に値する。約束事を最低限に留め、自由に、且つシンプルにプレーさせる。そしてピッチを限りなくワイドに使い、徹底的にサイドから崩しにかかる。そのキーマンになるのがカンビアッソとフィーゴだ。しかし前述の通り、その2人はこの試合にはいなかった。それでもチームは機能した。クレスポ、イブラヒモの両CFの力もあるだろうが、マンチーニの戦術がチームに浸透している証拠だろう。
10588.jpg

 ここまで書いて、思ったことが一つある。この文体で淡々と書くと、自分のサッカー知識や見解が、とても薄く陳腐だと言うことが浮き彫りになる。元のただ頭の悪い文体に戻すべきか。しかし今現在、この文体が私の中で一大ブームになっているので、しばらく続けることにする。



■『MORI LOG ACADEMY』続き。

ISBN4840115516_1.jpg
 今日は授業パートについて。日により『国語』『算数』『理科』『社会』『図工』の、いずれかについて書かれている。正直『算数』は難しすぎて訳が分からなかったが『国語』は本当におもしろかった(算数ももちろんおもしろい)。主に日本語の語源や使い方について書かれている。私が大笑いした回を、ひとつ抜粋してみようと思う。

 『ぶっちゃけ』という言葉を取り扱った回。「『ぶっちゃけ』の『ぶち』とは『ぶち当たる』『ぶち上げる』の『ぶち』と同じで『打つ』のことだと思う」と、筆者。タクシー等で「もうすぐT字路へぶつかります」と、いうのを関西人は「もうすぐT字路にぶち当たります」という。また「交差点にぶち当たる」とも言う。交差点にぶち当たる訳はないのだが。この話を聞いた関西人が「え、ほんじゃあ、何?お嬢様はご飯にお茶を打ちかける、って言わなあかんの?」と、言ったところ、筆者はこう返した。「お嬢様はご飯にお茶はかけないと思う」

 いかがでしょうか。こんな一部だけ抜粋されても意味が分かりませんね。そう思われた方は、買って読みましょう。メディアファクトリーより、1冊630円から670円で発売されています(税別)。

 次回は、先月発売された『カクレカラクリ』についてお送りする。まだ1文字も読んでいないが。
M03188342-01.jpg

スポンサーサイト
00:51 | ASローマ | comments (7) | trackbacks (0) | page top↑
プレミアアシップ第5週と小説の読み方 | top | 間もなくローマ戦とMORI LOG ACADEMY

コメント

#
今シーズンはなんとかピサーロも来たし、FW陣も充実したのでインテルと戦っていけますね!CLも出れましたし。
by: demi0930 | 2006/09/22 02:35 | URL [編集] | page top↑
#
あぶ本人も影響を受けて読み始めました。
なにやら言っておりますが…
布教活動成功?です。
勿論三冊揃えてアレに応募されるのですよねw
今しがた3を読み終えました。
疑問があるのでメールしてみようかなと
思っています♪
私信:受け取りました。どうもありがとうございましたm(_ _)m
by: あぶヨメ | 2006/09/22 23:36 | URL [編集] | page top↑
#
>>demi0930さん
初めまして!コメントありがとうございます。
2年前の絶望的なシーズンも、そろそろ”過去”になってきましたね。
完全レジスタ型のピサーロ獲得でローマのサッカーが変わりそうです。
ん?
変わるんじゃなくて進化でしょうか。
これからもセリエでは珍しいパスサッカーで戦っていきましょう!


>>あぶヨメ
ほほう。
ついにあぶぶも読み始めましたか。
良い傾向かと思われますw
森氏の考え方や、理屈には色々異論を吐き出しそうな予感がしますが…。
カクレカラクリ読み始めましたよ。
小説まで森口調で笑ったw
by: taku | 2006/09/23 02:28 | URL [編集] | page top↑
#
マンシーニの離脱はイタイですね~~~
バレンシア戦ありますからね
by: kodrin | 2006/09/23 17:25 | URL [編集] | page top↑
#
>>kodrinさん
コメントありがとうございます!
マンシーニやっちゃいましたねー。
今のローマにはトッティよりマンシーニが必要だったりするのに…。
来週のバレンシア戦は楽しみです。
バレンシアファンだったりもするんでw
by: taku | 2006/09/24 00:15 | URL [編集] | page top↑
#
ぶっちゃけ、読んでて苦痛だ。
止めていい?
by: あぶぶ | 2006/09/25 11:18 | URL [編集] | page top↑
#
>>あぶぶ
無理に読まぬがよろしかろう。
森さんの考え、発言は合わん人には合わんやろ。
それはとても分かる。
ハマってる俺でも「おいおい」と思ったりもするがな。

そんなあなたによしもとばなな。
もっと合わんか。
by: taku | 2006/09/26 01:37 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://asroma.blog22.fc2.com/tb.php/135-467c6ba0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。